「第1回 蛋白質科学会 若手の会研究交流会」開催

2021年4月9日

日本蛋白質科学会では、2019年に細胞生物学会若手の会と合同で若手研究者交流会を開催し、ご好評をいただきました。そのきっかけで、蛋白質科学会における若手交流の流れを継続させるべく、若手の会を発足いたしました。そして来る2021年年会にて、蛋白質科学会独自に第1回若手の会交流会を開催いたします。

記念すべき第1回目交流会では、「自身の研究を分かり易くアピールすること」「コロナ禍における私たちのキャリアを考える」ことをテーマに、以下のような企画を準備しております。

特に、現在対面開催を想定して準備を進めておりますが、新型コロナウイルスの今後の感染拡大状況を考慮して、オンライン開催に変更する可能性もございます。

幅広い経歴および研究分野の方々に熱い議論を交わすことのできる場になると期待しております。皆様のふるってのご参加お待ちしております。また、先生方には、所属研究室の学生さんに若手交流会を宣伝していただきますようお願い致します。

会員でない方の入会は、以下のサイトから可能です。https://www.pssj.jp/nyukai.html

ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

日本蛋白質科学会
会長 津本 浩平(東京大学)
副会長 田口 英樹(東京工業大学)、中川 敦史(大阪大学)
第21回年会長 水口 峰之(富山大学)

会議名称 第1回 蛋白質科学会 若手の会研究交流会
開催日時 2021年6月14日(月)13:30–16:30
開催場所 富山国際会議場
参加方法 登録サイトより必要事項を登録(締切:4月16日(金)23:59
参加資格 蛋白質科学会の学会員かつ自称若手の方(年齢制限なし、教授も参加予定です)
参加費 無料 ※交通費は各自でご負担ください。
Twitter @pssjym(https://twitter.com/pssjym
プログラム
  1. 招待講演:荒磯 裕平 助教(金沢大)
  2. テーブルディスカッション:コロナ禍における私たちのキャリアを考える
  3. (有志による)ポスター発表:自身の研究をわかり易くアピールする
  • 本若手交流会のポスター発表は、学会の若手セクションでの発表業績として数えていただくことが可能です。
  • 開催内容は変更される可能性がございますので、予めご了承ください。