日本蛋白質科学会は、特許申請のための発表証明を行える学術研究団体に指定されております。年会の発表証明を希望する際は、下記の要領にて申請手続きを行って下さい。 特許申請のための学会発表証明については、日本蛋白質科学会事務局が担当です。

  1. 発表証明の申請にあたっては、年会での発表前あるいは年会会期中に申請者が行うべき手続きは、特にありません。
  2. 申請者は、年会終了後に証明書オリジナルを2部作成して下さい。指定の書式はありませんので、ここに挙げた例を参考に、一般的な書式にて作成して下さい。
    【作成例】
    • 表紙(1ページ目)の書式ダウンロード
    • 2ページ目以降には、講演要旨集の表紙、該当するプログラム部分、抄録本文、発表に使用したポスター等のコピーを付けます。
    • 書類を「袋とじ」にします。 書類をまとめて左側2~3カ所をホチキスでとめます。次に帯用の細い紙を一枚用意して、ホチキスでとめられた冊子体の背の側をくるむようにかけ、折り込んで糊付けします。 発表証明がなされると、この帯の部分にかかる形で学会印ならびに年会長印が書類の表裏へ押印されます。
  3. 作成した証明書オリジナル2部を、日本蛋白質科学会事務局まで送付して下さい。発表証明に際しては、学会長と年会長の証明が必要となるため、申請書類は年会事務局と学会事務局を経由します。申請者は返信先の記入された返送用封筒を同封して下さい(料金分の切手貼付のこと)。
  4. 証明書は1部が申請者に返送されます。もう1部は学会事務局が控えとして保管します。
  • 発表証明に係る費用は無料です。送料のみご負担下さい。
  • 特許を出願できる期間は発表から6カ月以内です。
  • 要旨集に記載された事項のみに対する発表証明を申請する場合は、要旨集発行日から6カ月以内が特許申請の有効期限となります。
  • 特許申請に関する情報の詳細は、特許庁ホームページをご参照ください。